《ご報告 私、淺野忠信は2021年をもちまして、アノレの所屬から離れることを決めました》

所屬事務所「アノレ」のHPで獨立することを発表した俳優?淺野忠信(47)。

「アノレといえば三浦友和(69)と百恵さん(62)の次男で俳優の三浦貴大(35)も所屬しています。’10年にデビューしてから11年、最近では事務所のナンバー2と目されてきました。淺野のマネージメントについては、アノレが來年以降も“協力”するそうですが、実質的には三浦がトップ俳優ということになりますね」(蕓能関係者)

三浦貴大は俳優の道を選んだことについて、こう語っていた。

《大學時代にまわりの友達が就職活動を始めたとき、オレも、將來何をするか考えないとまずいなと思ったんですね。たとえば豆腐屋の息子なら豆腐屋になるという選択肢があるように、父(三浦友和さん)が俳優をしているから、僕も俳優になるという選択肢が浮上したというか》(『オレンジページ』’15年1月17日號)

貴大のデビュー當時、友和の所屬事務所関係者に、なぜ父と同じ事務所に入所させなかったのか、と聞いたことがあった。

「確かに親子でいっしょに仕事をしてくれれば、話題を呼べると思うよ。でも友和も百恵さんも、そういうのは好きじゃないんだ。俳優になるにしても、自分の力でやってほしい、という気持ちだったんだね。アノレに入ったことは友和も喜んでいたよ。『あそこはきちんと俳優を育ててくれる事務所だから』って」

當時のアノレは中堅事務所ながら、積極的に海外での活動にも挑戦し、淺野のほかにも加瀬亮(46)や新井浩文(42)、菊地凜子(40)も所屬していた。そんな個性的な先輩たちの背中を追って、貴大も頭角を現していったのだが……。

「’18年に加瀬が獨立し、’19年には新井が強制性交容疑で契約を解除されました」(前出?蕓能関係者)

デビュー11年で所屬事務所のトップ俳優になるという“スピード大出世”を果たす貴大。

だが「ご両親としては不安もあるのではないでしょうか」と、語るのは蕓能リポーターの城下尊之さんだ。

「この11年間で貴大くんも実績を積み重ねてきており、ご両親も安心していたところだと思います。ただ彼は主演作品も多くはありませんし、まだ當たり役と呼べるものもありません。それが今後は“稼ぎ頭”として事務所を背負っていくわけですから、重圧も大きいでしょう」

重圧をはね返し、母?百恵さんを安心させることはできるか。