將棋の王將戦の挑戦者を決めるリーグ戦で、藤井聡太三冠が、豊島將之竜王に勝利し、挑戦者として、頭一つリードしました。

 將棋の八大タイトルの一つ、王將。現在、タイトル保持者の渡辺明名人への挑戦者を決めるリーグ戦が開かれています。

 5日は、大阪の関西將棋會館で藤井三冠と豊島竜王が対戦。

 先手の藤井三冠が101手で勝利し、7人で爭うリーグ戦は、藤井三冠が無傷の3連勝です。

 「まずは前半戦をいい形で終えることができたので、殘り3局もしっかり指せて(王將への)挑戦を目指せればと思います」(対局終えた藤井三冠)

 藤井三冠は、9日のリーグ戦で3勝1敗の羽生善治九段と対戦します。

 また、藤井三冠は、8月の王位戦から続く豊島竜王への連勝を6に伸ばし、來週12日には、タイトルまであと1勝と迫る竜王戦第4局で最年少四冠の記録をかけて、豊島竜王と対戦します。