テレビ朝日は5日、卓球男子で16年リオデジャネイロ五輪団體銀メダリストの吉村真晴(28)が番組収録中に肋骨を折るけがをしたと発表した。

 発表によると、來春放送予定の「とんねるずのスポーツ王は俺だ!!」の収録中に負傷。卓球対決そのものの最中ではなく、他競技を體験する企畫で骨折したという。吉村は當初その企畫に參加予定はなかったが、収録中、番組の流れの中で參加することになったといい、収録後吉村はそのまま帰宅。翌日病院でMRI検査を受け、肋骨の骨折と診斷された。

 同局は「番組収録中に出演者がけがをした事実を重く受け止めております。吉村選手をはじめ関係者の皆様に心からお詫びするとともに、今後の治療等につきまして誠意をもって対応してまいりたいと考えております」と謝罪した。

 吉村はこの日、自身のツイッターを更新し、「多くの方にご迷惑お掛けします。早く回復できるよう努めます」とコメントした。